ジュエルレインの成分に含まれる物質は?

ジュエルレインの成分



背中ニキビの原因にアプローチしてくれると評判のジュエルレインですが、本当に自分の背中ニキビの悩みから解放してくれるのだろうかと思う人も多いでしょう。

そのため成分に含まれるものを見てから購入を決めたいと思うかもしれません。

公式サイトによりますと、ジュエルレインの成分は以下の通りです。

有効成分/サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム、その他成分/精製水、濃グリセリン、シュガースクワラン、オリブ油、トリメチルグリシン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、トレハロース、アラントイン、L-アルギニン、グリシルグリシン、ホエイ(2)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ムコ多糖体液、ブリエラスチン、コメヌカエキス、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、コラーゲン・トリペプチドF、ローマカミツレエキス、アロエエキス(2)、水溶性コラーゲン液(4)、オウバクエキス、アーティチョークエキス、エイジツエキス、トウキエキス(1)、シャクヤクエキス、クワエキス、クララエキス(1)、天然ビタミンE、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、香料

ジュエルレインの有効成分

ジュエルレインの有効成分としてサリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムがあります。
これらの成分はニキビとどのように関係があるのでしょうか?


サリチル酸:サリチル酸は、肌がゴワゴワした状態になった角質を溶かしてくれるという働きをします。
ターンオーバーが乱れると肌に角質が溜まりやすくなり、それが毛穴をふさぎ、ニキビを発生させてしまいます。
サリチル酸は、その角質を除去する働きをします。
またニキビの原因であるアクネ菌を撃退するという効果も発揮します。


グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があり、赤ニキビといった炎症がある症状の緩和に効果があると言われています。

ジュエルレインの成分はニキビに確かにアプローチする

他にも、ジュエルレインは、うるおい成分であるシュガースクワランが使われています。
シュガースクワランは、植物性の純度の硬い、高品質なスクワランで皮膚膜を作り、バリア機能を整えてくれると言われています。


オリブ油:
オリーブオイルには保湿作用と血行促進作用にあります。
肌を保湿することによってニキビの改善が望めます。
また、aリノール酸とビタミンEが豊富なため、肌のターンオーバーが促進され、古い皮脂や角質も落ちて、ニキビ跡も良い方向へと向かうと言われています。

他にも、ジュエルレインはニキビの悩みから解放するための成分が凝縮されています。

夏の時期のニキビ

夏の時期にもニキビが出やすいということができるでしょう。なぜ夏の時期はニキビが出やすいといえるのでしょうか。それは、紫外線が非常に強く降り注ぐためです。紫外線はニキビにとって大敵ということができます。ですから、きちんと UV 対策をしておくということがとても大切だということができます。特に夏場は水着になったり、ノースリーブを期待することがあります。そのように肌を露出するということが多くなるために顔だけでなくて、体のあちらこちらがニキビになってしまうということもあります。なので普段からニキビケアのための努力を払っておくようにしましょう。今も言いましたが、夏のスキンケアが重要なのは紫外線にあるということができます。この紫外線はいつから強くなるのでしょうか。それは5月頃からです。 UV − A量という言葉をご存知でしょうか。これは黒く日焼けするサンタンを引き起こすものです。5月から紫外線量が多くなり、赤く火傷のようなサンバーになってしまう原因である。 UV − B 量は7月から8月にピークになります。そのように考えるならば、5月のうちから紫外線対策を考えておくのはとても重要ということができるでしょう。最大のケアは日焼けどめの対策になりますけども、PA値、SPF値が高ければ良いというわけではありません。特に注意が必要なのは SP F値になります。こちらは高くなりすぎるならば、肌への負担が増してしまいます。なので30程度までにしておくのがとても良いということができるでしょう。 UV ダメージですけども。これは肌の角質層に誇示している。水分や油分を取ってしまうということに繋がってしまいます。肌バリア機能ですけども、油分と水分が3以上に角質層の中で構成されていない限り十分に発揮するということはありません。紫外線は肌本来のバリア機能を破壊してしまうということになってしまいます。そのために角質肥厚が進んでしまうということになってしまいます。肥厚北角質ですけども。角栓を発生しやすくなります。柔軟性を失って毛穴を収縮してしまうということにもなってしまいます。そのために毛穴詰まりによるニキビ発生が非常に起こりやすくなるということができるでしょう。紫外線は、炎症が続いたニキビ跡の時にも非常に大きい影響をおよぼしてしまいます。なので紫外線は非常に対策が重要だということができるでしょう。ジュエルレイン院などを使って対策をしてみるのはどうでしょうか。

秋にもニキビ対策

夏が過ぎて秋になるならば、紫外線も弱くなりニキビ対策も一段落すると考える人も多いかもしれません。しかしスキンケアをさぼってしまってはやはりニキビ予防には、良くないということができます。確かに夏よりも肌には優しい季節が秋ということができますけどもしかし秋にもきちんとしたスキンケアが非常に重要だということができます。秋は実は花粉や紫外線対策、乾燥といったそれぞれのカテゴリーの中で二番目に気をつけるべき時期ということができます。つまり総合的なニキビケアをしなければならないのが秋ということになります。そのため秋の間にニキビケアを怠ってしまい、ニキビが発生し、そして悪化して冬を迎えるということになります。理由は最もきっニキビが悪化しやすい季節ですので秋にしっかりとスキンケアをして送っては重要だということができるでしょう。秋に飛散して花粉症引き起こす花粉があるということを認識しておくのは重要度ということができますブタクサという植物ですけども8月〜10月に飛散量が増える植物の花粉です。次に比べると、遺産量の範囲が狭いために重症の鼻炎を起こすことが少ないものということができますけども。しかしブタクサによる花粉はアレルギー反応を引き起こす人も確かにいますアレルギー体質の人であるならば、皮膚症状をもたらすということもありますので、やはり花粉対策は非常に重要ということができるでしょう。また、秋は紫外線についても対策が必要だということができます。9月は夏の続きのような感じがします。日航がさんさんと降り注ぐ中で薄着で外出するということもあります。紫外線は肌のバリア機能を破壊してしまうという事が起きます。角栓の発生の原因となる角質肥厚誘発するニキビのとっては大敵たいということができるでしょう。ですから秋になっても日焼けどめなどの UV 対策を行っていくというのは重要だということができます。夏の間に受けた紫外線ダメージの影響で、バリア機能が低下してる時期ですので返すから戻ったら角質に水分補給をする保湿ケアでバリア機能の回復に努めるということはとても重要ということができるでしょう。また、秋は乾燥が始まる時期ということができます。十分頭痛いセックを行っていれば乾燥肌にはになりにくい季節ということができるでしょう。しかし、ひつはだんだんと下がっていく時期になります乾燥の季節を迎える時期ということができます。大人ニキビは乾燥することによって悪化してしまいます。なので冬の時期が非常に危険だということができるでしょう。角質層が乾燥して肌バリアが低下するということによって角栓ニュール毛穴づまりが起こりやすくなるということができます。なので、だんだんと冬日になってくるにつれて冬のスキンケアに切り替えて保湿ケアを行うのはとても重要だということができるでしょう。

 

サイトマップ